鏡台に並べておくだけでも、満足できる化粧品を目指しました

鏡台に並べておくだけでも、満足できる化粧品を目指しました

2015年9月にコスメデコルテから新発売される「リポソーム トリートメント リキッド」。ベストセラーである「コスメデコルテ化粧液」(モイスチュアリポソーム)の技術を使った注目の化粧水には、パッケージデザインのこんな裏話がありました。

ひと目でリポソームと
わかる、のが前提

原田さん:「コスメデコルテの化粧品は『値段が高いから、いい』のではなく、『コスメデコルテだから、きっといい商品』と、とらえてくださっているお客様が多いんですよね。それも看板のリポソーム技術を使った待望の化粧水。その期待に応えるデザインをしようとすると、プレッシャーしかありませんでした」

そう、苦笑しながら話してくれたのは、パッケージデザインをメインで手がけた原田さん。パリ生まれで、芸術家のご両親を持つ原田さんからは、デザインで商品の良さをちゃんと伝えようという意思がビシバシ伝わってきます。

原田さん:「デザインのコンセプトはふたつあって、ひとつは端的にひと目でリポソームと分かること、です」

リポソーム構造の、玉ねぎのように層を成している美容成分が、時間差で順々に肌の上ではじけてずっと潤う。それをパッケージで表したい。

原田さん:「そこで、輝く素材の上に透明プラスチックが重なるボトルで、“層”を表現しました」

ボトルの二重構造で、リポソームの技術を表現していたのです

光るボトルだけれど、金ピカに光るのではなく、華美ではない。輝く質感を出しながら大人っぽく光る。そんなボトルになっています。

原田さん:「もうひとつは、『え、これ化粧水?美容液?』という違和感をほんの少しだけもっていただくこと。化粧水というと、水やその風情を感じさせるものが一般的ですが、この商品は『化粧水を超えた化粧水』、効果が分かる化粧水だから、見た目で良い違和感を感じ取っていただけるようにしたかったんです」

100枚のスケッチと
1/100mm単位の修正

コスメデコルテの中でも思い入れの強い人が多い商品ゆえに、パッケージデザインのアイディアスケッチは100枚を超えた(!)とか。

デザイナーとしてのこだわりは、デザインの意味にまで広がります

原田さん:「ひとつのデザイン案に結実するのか、とハラハラしました。化粧品は普段使うものなので、本質的には道具です。ですがその一方、『こんなステキなものを買った!』という買い物の充足感や、鏡台に並べた時の満足感もとても大事なものなんです。心は肌効果にもつながっていると思うので、何でもいいとはいかないですよね。道具としてのデザインと、見栄えのするデザインを両立させるのが難しかったです」

容器とキャップの比率。カバーの厚み。どのくらいの厚みのものがよいのか。きれいな質感が出るのか。落としても割れない強度とは。容器を細くしていけば、高さが出てしまい倒れやすくなる。それに容量。一番バランスがいいところはどこだろう…。

外箱も、ボトルと同じ色合いで高級感のある仕上がりです

原田さん:「1/100mm単位で、ベストバランスを見つけるために、刻んでいきました。今は3Dプリンターがあるので本当に便利になりました。他の人の机に置かせてもらうくらい、試作をいくつも作りました(苦笑)」

ボトルにそこまでのこだわりを貫いた「リポソーム トリートメント リキッド」。確かに、リポソームファミリーの遺伝子を感じさせながら、ラグジュリアスでミステリアスなこの外見は、思わず手にとってみたくなるデザインですね。

■お話をうかがった方:原田アンリさん/商品デザイン部チーフデザイナー。長年コスメデコルテの商品デザインに携わっていらっしゃいます。

写真:Thinkstock / Getty Images

リポソーム トリートメント リキッド
コスメデコルテが独自に開発した、多重構造のリポソームを配合した化粧水。リポソームが角層深くへ潤いを届けます。肌への馴染みがよく、透明感のある肌に導きます。どんな乳液とも相性良く組み合わせて使える、コスメデコルテの技術を惜しみなく投入した新しい化粧水です。

ランキング

ページ上部へ戻る