テクニックいらずでキレイになるのがコスメデコルテです

テクニックいらずでキレイになるのがコスメデコルテです

フィギュアスケートやシンクロナイズドスイミング日本代表など多くのアスリートのメイクを手掛けるコーセーメイクアップアーティスト、石井勲さん。コスメデコルテのメイクアップを知り尽くす石井さんに、イチオシアイテムを聞いてみました。

自分で簡単にキレイになれる
仕掛けがしてあります

石井さん:「私は元々コーセーの営業職だったんです。ずっとメイクをしたいと願い続けた結果、さまざまな人たちとの出会いがあり、今の仕事に。日々勉強しながら、楽しく活動しています」

百貨店などで彼が実演をすると「一瞬で美人になった!」と大好評で人だかりができるとか。

石井さん:「お客様にメイクをするときには、ご自身で簡単にキレイになれるような提案を心がけています。毎日のメイクで再現できなかったら仕方がないですから」

コスメデコルテのメイクアップ商品は、まさに“自分で簡単にキレイになれる”ように作られている、と言います。

石井さん:「質感がなめらかで肌に優しいんです。さらに、『そこまで考えるのか!』と感動するくらい、かゆいところに手が届くように作られているんですよ。まず、ブラシへのこだわり。ここに私のおススメのアイテムを持ってきましたが、たとえばこのハイライトのブラシ。斜めにカットしてあって、一番長い部分と一番短い部分とで、使っている毛が違うんですよ。質感やパールの大きさに合わせてあるんです。あと、目のキワはとても敏感なところなので、柔らかな質感の毛になってるんです」

同じように、アイカラーでも「付属のチップを単独で欲しい!」と買いに来るファンもいるほど。

石井さん:「色も単に濃淡になっているだけでなく、暗い色から順に使っていくとテクニックレスでグラデーションができるんですよ。色が混じって発色がくすまないような工夫がされています」

石井さんオススメのブラシがついているメイクアップアイテム

一番簡単な「変身」は、
「プラス1色」です

株式会社コーセーは、スポーツに挑戦する女性を応援するプロジェクトを行っています。石井さんはそのプロジェクトで、シンクロナイズドスイミングの日本代表チームのメイクアップを7年ほど担当しているそうです。

シンクロナイズドスイミングは、選手と審査員の距離が15m離れているため、遠くからでも美しく見えるように計算された立体感を表現するようにしています。でも、水の中でも落ちないメイクということは、コスメデコルテの商品は使っていないということですか?

石井さん:「いえいえ、使っていますよ! ファンデーションはずっとコスメデコルテの『マキエクスペール』というシリーズです。これは『カバー力』では自信があります。しかも、汗や水に強く、崩れにくい優れものです」

美しく優雅に見えるシンクロナイズドスイミングですが、水中で密接して仲間が泳ぐため、実は選手たちは体の接触でアザや傷が絶えないのだとか。でも、マキエクスペールなら、それすらもカバーできるそう。

石井さん:「AQ MWのアイカラーも使っています。ただ、クリアな発色にして、水の中で激しく動いても落ちないように、リキッド状のアイカラーをのせて使うなど、使い方に工夫をしているんですよ」

選手村には入場制限があり、選手たちは自らメイクをしなくてはならないそう。大会前、曲やコスチュームが決まると石井さんに知らせがあり、石井さんがそのイメージでメイクアップデザインを作成し、選手個々の特徴を活かしながらメイク方法を伝授するのだとか。

つまり、石井さんは「自分でキレイになれるようにメイクを教える」達人なわけですね。

シンクロナイズドスイミングのメイクアップ

「自分でキレイになれるようにメイクを教える」達人が、
この秋オススメするメイク

ではこの秋冬、私たちがちょっとキレイになるためのオススメアイテムと、コツを教えていただきましょう。

石井さん:「メイクをちょっと変えたいと思った時には、普段使わない色やアイテムを1品追加するのがオススメです。ちょっとチャレンジしてみよう、というわくわくする気持ちが湧いてきます。最近のメイクは口元がポイントだったんですが、この秋から来春にかけて、目元にシフトしてきています。でもつけまつげやエクステなどの盛りメイクではなく、メイクしていないように見えるけど、実は丁寧に作り込まれたナチュラルメイクです」

石井さんも愛用しているという「AQ MW ラスティング ジェル アイライナー」を使って、色使いやラインの形で遊んでみるのも素敵、という提案も。

石井さん:「このアイライナーは本当によく出来ていて、モデルさんにメイクしたときに、そのまま購入して帰る率がすごく高いんです。メイクアップアーティストの同業者でも使っている人が多いんですよ。乾くまでの間に付属のチップでぼかしたり、キャットラインのように延長したり、自在にアレンジできるんですよ」

この秋オススメの「AQ MW ラスティング ジェル アイライナー」と、「これなしではメイクできない」というほどに愛用しているブラシ

最後に「石井さんのメイクアップツールを見せてほしい」とお願いすると、取り出してきたのは、プロフェッショナルセレクションのフェイスブラシと、アイシャドウブラシ。「この2本は本当に大活躍してくれます!」とのこと。

石井さん:「フェイスブラシは熊野筆の職人さんが手作業で作っているんです。このフェイスブラシでファンデーションを塗ると、厚塗り脱出! ふわっと簡単に自分の肌を“魅せる”ことができますよ」

プロフィール

お話を伺った方:石井 勲さん/99年株式会社コーセーに入社。子供の頃から絵が得意で、メイクアップアーティストになりたいと思っていた。営業として3年勤務したのち、本社マーケティング、その後メイクアップアーティストとして10年、という異色の経歴を持つ。

プロフェッショナルセレクション フェイスブラシ
プレストパウダー・パウダーファンデーション用、携帯性に優れ、適度な弾力で顔の凹凸にフィット。ふんわりした理想の仕上がりに。

プロフェッショナルセレクション アイシャドウブラシ2
アクセントカラー用の平筆。適度なコシのある毛質で思い通りの仕上がりに。グラデーションも作りこみも自由自在。

AQ MW ラスティング ジェル アイライナー
芯幅2mmという細さでラインが自在に。ペンシルアイライナーなのに折れにくく、まつげの際や目尻の跳ね上げなど細かい部分も自在に描けます。クリーミーなタッチのジェルタイプですが、ウォータープルーフで長時間発色をキープ。5色。

ランキング

ページ上部へ戻る